SU-100自走砲

クリックで画像を表示
洋書

 第二次大戦末期に実戦投入されたソ連のSU-100自走砲の資料で、以前、ロシアの模型雑誌M-Hobbyに図面付きで掲載されたSU-100の解説記事の増補版です。これまでは、SU-122やSU-85と一緒に紹介されてきましたが、この本はSU-100のみを深く掘り下げています。

 生産工場であるウラル重機械製造工場(UZTM)の歴史から始まり、開発史、さらに各生産型の変遷、現存車の細部とインテリア写真、各国に現存するSU-100、カラー塗装図という構成で、各生産型の変遷は写真や図版を使って、戦闘室や防楯基部の形状の違いなど詳細に解説しています。

 また、1947年から生産を開始したオムスクの第174工場製SU-100や、戦後にチェコスロバキアでライセンス生産され、中東に輸出されたSD-100、SU-85M、SU-101についても触れており、ことSU-100に関しては、現時点では最良の資料本です。
 
 A4ハードカバー全176ページ、写真440点以上、本文は英語です。梱包重量が1kgを越えるためクリックポストでは発送不可で、ゆうパックでの発送となります。送料は定額ではなく、お住まいの地域によって異なります。
  • 価格:4,400円

  • 在庫あり
  • 注文数: