レッドアイアン1/35 T-130B 湿地用ブルドーザー

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

レジン製フルキット
 T-100Mの後継として、チェリャビンスク・トラクター工場(ChTZ)で1969年から生産を開始した民生用装軌式トラクターがT-130です。当初、量産が順調に進まなかったことと、操向操作の変更がユーザーに不評で、結局、T-100Mは1984年まで併行生産される結果となりました。

  T-130は特徴的な角型デザインを採用し、1960年代のソ連製民生用装軌式トラクターの新しいスタイルを確立しました。ターボチャージャー付き直列四気筒ディーゼルエンジンD-130(140 h.p.)を搭載し、戦車から転用された技術であるサイクロン式エアフィルターを装備しています。1981年には出力向上したD-160ターボディーゼルエンジン(170 h.p.)に換装されます。

 密閉式操縦席は、電動ワイパーを備えた
大きな窓で囲まれ、良好な視界が確保されています。あらゆる環境に対応するためにエアコンを付けることも可能で、車種によっては標準装備されていました。操縦手用シートには衝撃吸収装置が備えられ、乗り心地が向上し、長時間の作業も苦にならなくなりました。

 操向はT-100Mまでのレバーブレーキ式とは異なり、DET-250と同じように1本のスティックレバーで操作しますが、当初、スターリネッツS-60から続いた伝統的な操作に慣れたベテラン乗員たちには不評でした。しかし、誰でも簡単に
操向でき、乗員の疲労も軽減すると知れ渡るようになると、様々な用途で使われるようになりました。

 ディーゼルエンジンの始動は、それまでの
セル・スターターや手動クランクではなく、セル・スターター付きの始動用小型ガソリンエンジンによってピストンを強制的に動かし、圧縮を発生させる方式で、寒冷地での始動性も向上しました。

 T-130Bは、当時、未開の大地だったシベリアの広大な湿地開拓のために開発された湿地用トラクターです。幅広の履帯が
外観上の特徴ですが、サスペンションとギアボックスも改修されており、牽引力も2t増加して12tとなりました。また、幅広の履帯は、中央アジアの砂漠地帯やソ連南西部の硬質土壌地域にも有効であることが判明し、湿地以外でも使用されました。

 
T-130は後継のT-170が登場する1988年まで生産されました。T-130とT-130Bは現在でも旧ソ連および東ヨーロッパの国々で運用されています。

 幅広の履帯はメタルパーツで再現されています。エッチング、デカール付きです。キット製作に役立つ写真は、こちらを御覧ください。

*送料無料です。

  • 価格:19,600円

  • 在庫あり
  • 注文数: