レッドアイアン1/35 SMK-10(MAZ-500)

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

レジン製フルキット
 
 
MAZ-500トラックにSMK-10クレーンを搭載した車輛で、銃器とサモワールの生産地として有名なツーラ市の "DRMZ"工場で1965年から1990年まで生産されました。

  SMK-10は、最大吊り上げ能力は10トンの油圧式伸縮式ジブのクレーンで油圧式ブレーキ付きの電気式ウインチを使っています。制御システムは確実に動く信頼性と現場での修理を可能とするため、敢えてトランジスタなどの電子部品を使わず機械式リレーを採用しました。

 すべての駆動装置と制御システムは、ESS-83-6M発電機による電気式で、MAZトラックの搭載するYaMZ-236 V6ディーゼルエンジンで駆動しますが、外部電源の利用も可能でした。また、荷物を吊り上げた状態でのトラックの走行はできません。

 ベースとなったMAZ-500トラックは、1963年から1990年まで生産された積載重量8トンの4X2トラックでしたが、森林伐採と木材輸送のための4X4トラックも併行生産されました。YaMZ-236 V6エンジン、もしくはYaMZ-238 V8ディーゼルエンジン(Kraz255と同じ)を搭載し、YaMZ-236はソ連製の同型エンジンの中では、最も信頼性が高く、最もコスト・パフォーマンスが高いと称えられました。また、MAZ-500はソ連製トラックとして初めて運転席の椅子の背後に寝室を備えたトラックでもあります。

  SMK-10(MAZ-500)クレーントラックはパワフルで信頼性が高く、操作も簡単なので、ソ連や東欧諸国の土木・建設現場や森林伐採などで多用されただけでなく、軍用としても使われました。ソ連で最も普及したクレーントラックと称えられています。



*送料は無料です。

  • 価格:31,500円

  • 在庫あり
  • 注文数: