レッドアイアン1/35 宇宙船スプートニク2号

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
レジン製フルキット
 
 1957104日に世界初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げ、世界を驚かせたソ連は、一か月後、
船内に「ライカ」という名前のイヌを乗せた世界初の生命体搭載人工衛星「スプートニク2号」を打ち上げ、再び世界を驚かせます。

 スプートニク2号は1957113日バイコヌール宇宙基地よりR-7ロケットによって打ち上げられ、軌道投入までは順調だったものの、ロケット本体と衛星本体の分離に失敗し、スプートニク2号はロケットと結合したまま軌道を周回することになりました。スプートニク2号からの通信は1110日に途絶え、打ち上げ162日後の1958年414日に大気圏に再突入し消滅しましたが、世界初の宇宙船という栄冠を得ました。


 ライカの生還は最初から考慮されておらず、食料は7日分だけで打ち上げ10日後には酸素が尽きて死ぬ予定となっていました。ライカがいつまで生存していたかについては、ソ連当局は、ずっと7日間生存したと主張していましたが、ソ連の崩壊後、スプートニク2号の外装断熱材の一部が損傷し、船内の温度は40にまで上昇したことが明らかになり、せいぜい1日か2日の命だったろうと推測されてきました。

 しかし、2002年に約6時間経過した時点で、すでに衛星から生命反応が消えていたという調査報告が出されました。


 キットは円錐形の耐熱外装を外した状態で製品化されており、スプートニク2号の構造がよくわかります。展示用スタンド付きです。



*配達日・配達時間指定の御希望がある場合はゆうパックでの発送となり、送料は630~1170円(地域によって異なります)になります。


*事故や破損の保証は一切ありませんが定型外郵便ですと300円となります。